過去の記事一覧

  • 不要ディスポーザーの取り外し

    不要ディスポーザーの取り外しと配管復旧:16,800円(税込) 故障したディスポーザーなどを撤去して、通常の排水に戻す工事です。出張費用込みの総額です。ジャバラパイプは使用せず、高圧洗浄対応の塩ビ管でしっかりと組み立てます。※旧型のシンクや戸建等、配管の状況からジャバラを使用す…

  • 世界のゴミ焼却場の約7割が日本に存在

    こんな記事を見つけました。 「世界のゴミ焼却場の約7割が日本に存在していた!生活の中で出すゴミの行方とゴミ焼却場がもたらす健康被害と環境への影響。」 ディスポーザーで生ごみを流しましょう!なんて説明したなら、 「環境に悪いじゃないの!」と直感的に判断をされる方が殆ど…

  • INAXディスポーザーの取り外し

    INAX機の取り外し後、スキューズF13への交換作業事例です。 下は配管が低位置かつ近くにあり最も作業しやすいケースです。 ↓INAXのDPHKです。オーバーフロー付(赤矢印のホース)の場合は、こちらの記事を参照を。   ↓最初に配管を外します。水が多少漏…

  • 配管の掃除。自然 or 化学?

    「ディスポーザーや排水配管をキレイにする方法はありますか?」 というご質問に次の2つをお勧めしています。 EM菌とピーピースルーです。 両方とも配管に付着する有機物を分解し、ディスポーザーや配管をキレイにする効果があります。でもその分解方法は大きく異なります。 …

  • マニアックなディスポーザー選び3:スイングハンマーの違いでここまで変わる!

    マニアックなディスポーザー選び1:ボディ素材 マニアックなディスポーザー選び2:粉砕方式 マニアックなディスポーザー選び3:スイングハンマー ディスポーザー選びの際、処理方式として「スイングハンマー式がおすすめ」ということは別記事でご紹介しましたが、そのスイングハンマー式に…

  • マニアックなディスポーザー選び2:粉砕方式

    マニアックなディスポーザー選び1:ボディ素材 マニアックなディスポーザー選び2:粉砕方式 マニアックなディスポーザー選び3:スイングハンマー 現在日本で市販されているディスポーザーの粉砕方式は3種類あります。 ハンマーミル方式・チェーンミル方式・ブレード粉砕方式です。それ…

  • マニアックなディスポーザー選び1:ボディの素材

    マニアックなディスポーザー選び1:ボディ素材 マニアックなディスポーザー選び2:粉砕方式 マニアックなディスポーザー選び3:スイングハンマー 現在市販されているディスポーザー本体(ボディ)の主な素材は2種あります。 「金属」 と「樹脂」です。 金属ボディは頑丈で…

  • ディスポーザーと紙おむつについて

    最近のディスポーザーのNEWS。紙おむつの処理問題とディスポーザーです。 紙おむつをディスポーザーを使って下水処理できれば、現場のさまざまな問題が解消されるというものです。 国土交通省は、生ごみを砕いて排水管に流す「ディスポーザー」を応用し、 高齢者や赤ちゃんが使った紙おむつ…

  • マンションのディスポーザー交換問題

    以下のようなお問い合わせを多数いただいています。 「元々マンションに付いているディスポーザー。違うメーカーの機種に交換できますか?」という内容です。 もちろんできます。 ご予算や用途に合わせて、好きな機種に交換することができます。また今後使用しないのであれば、ディスポー…

  • DIYでの設置。失敗の報告がない理由

    DIYでの設置はできます。失敗の報告がない理由は・・・!? ディスポーザーの自分での設置は米国では当たり前。施工書で簡単にできます。 でも!難しいのが配管接続です。米国はディスポーザー設置が前提の配管です。ディスポーザーに適した位置に配管があります。でも日本はそう…

ページ上部へ戻る