ディスポーザーが臭い?・・・根本的に直しましょう。

流し台の排水口が臭い!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

原因1.トラップが機能していない。

kusai02

キッチンの排水口には、下水の臭い逆流を防ぐための、通常上のどちらかのトラップが設置されています。(左が椀トラップ、右がSトラップといいます)トラップとは常時水が溜まって臭いを止める仕組みです。封水といいます。水洗トイレ、お風呂、洗面所も、封水によって排水先からの臭いを止めています。(トラップのない汲み取りトイレは酷い臭いがしますよね?)
封水が溜まっているかを確認してください。

排水トラップの水がなくなることを「封水切れ」と言います。
封水切れが起きると臭いが上がってきます。封水がなくなる原因は以下になります。
・トラップ内の汚物
→お風呂や洗濯機の椀トラップでよく見受けられます。汚物除去と配管洗浄で直ります。
・長期間留守による蒸発
→長期間水を使用しないことによる蒸発です。水を流すことによって封水が復活し臭いが止まります。
・自己サイホンにより封水が引っ張られてしまう。
→大量の水を勢いよく水を流すと、トラップ内の封水が引っ張られて中が空になります。水を流すことによって封水が復活し臭いが止まります。
・跳ね出し・吸込み作用
→マンションの上層階で大量の水を流すことによって共有排水管の圧が変化し、各部屋の封水に影響を及ぼすことがあります。跳ね出し作用・吸込み作用といいます。最近のマンションでは、この排水管の圧の変化を防ぐために減圧用の排気口を設けているのですが、築年数の古いマンションにはない場合があります。減圧用の排気口がなんらかの事情で塞がれてしまっても跳ね出し・吸込み作用が発生します。

ディスポーザーが設置されている場合

・ディスポーザーを設置する際に、排水栓を外しますので、Sトラップの設置は不可欠です。
しかしながら、現場でよくみるジャバラのホースをそのまま接続させている工事。排水ホースがディスポーザーに直結されていませんか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

原因2.ジャバラホースで接続をしている。

kusai03

左がジャバラホース、右がトラップ付きの正しい塩ビ配管です。
左はトラップがありませんので、構造上臭いが上がってきます。
簡易のジャバラホースが使われている場合、設置してからの数年は問題ないものの、経年劣化によってホースそのものから臭いを放ちます。また配管が詰まるトラブルもこの施工でよく発生しています。塩ビ管への組み換え工事をお勧めいたします。
※隙間を防ぐ作業、塩ビ管で組みなおす作業共に19,800円(税込)で承っております。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

原因3.オーバーフロー(水あふれ防止穴)から臭う。

kusai04

流し台から水があふれないように、シンク内側に小さな穴(オーバーフロー)があるキッチンがあります。あまり水が流れることのないこの配管に生ごみが入り腐敗して臭う場合があります。これは中に勢いよく水を流し込み、臭いの原因を排出します。また、オーバーフローの配管接続においてトラップが機能していない部分に接続する施工ミスが原因で下水臭が上がってくるケースがあります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

原因4.防振ゴム部分から臭う。

kusai05
ディスポーザー本体のジョイント部分に大型の防振ゴムを使用している機種の一部に、経年によって中に汚れが蓄積し、防振ゴム自体が強い臭いを放つことがあります。シンクの上からは気にならず、シンク下収納を開けると臭う場合、配管に問題がない場合、防振ゴムの部分を確認してください。これを交換すると臭いは止まります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

配管掃除におすすめの強力洗浄剤(洗面所やお風呂にも!)

化学反応の力で詰まり部分の汚れを溶かします。市販されているパイプクリーナーの中では群を抜いて強力です。Amazonレビューをお読みになって威力を確認してください。強力ですので、取り扱いには十分お気を付けください。


ピーピースルーF 600g 業務用排水管洗浄剤

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

原因5.上記いずれでもない → シンク下収納の壁に染み付いた臭い

塩素系漂白剤が最も効きます。スプレーして雑巾で拭き掃除をしてください。シンク下収納全体に染み付いた臭いに大変効果があります。

【業務用 塩素系除菌漂白剤】キッチン泡ハイター 1000ml(花王プロフェッショナルシリーズ)


いずれもだめでしょうか?・・・作業は当店にお任せください!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2-top550-4

直接のEMAILはこちら:info@good-disposer.com

ページ上部へ戻る