ディスポーザーをやめたい!取り外し・撤去の料金

ディスポーザーをやめたい!取り外しと配管復旧:24,800円(税込)

故障したディスポーザーを撤去して通常の排水に戻します。
出張作業費+部材費+撤去機種の廃棄を含む総額です。
・高圧洗浄対応の塩ビ管で組み立てます。→簡単なジャバラホースは使いません。
・ステンレスかごを採用しています。→プラカゴ部品は使いません。
・ご訪問後の追加料金は一切ありません。→撤去した機種の廃棄も無料です。
・クレジットカード決済できます。 作業保険も加入済です。

※小型の処理層付の機種(生ポンドライ/イズミクリーン等のチップを使うタイプ)も同一料金ですが、廃棄のみ有料(\5,000-税込)になります。こちらの専用ページをご覧ください。


enbi
※築年数の高い戸建て住宅、特殊形状のシンク等、上記例外の場合もあります。
※マンション規約で撤去を禁止をしている場合があります。ご依頼の前に管理組合にご確認ください。

よくあるご質問

Q:撤去後はどのようになりますか?
A:撤去後は上のような状態になります。通常の排水用のステンレス浅かごが付きます。

Q:ジャバラホースと塩ビ管って、なにが違うの?
設備屋さんや水道屋さんに依頼すると、ほぼジャバラホースを使用し塩ビ管だと追加料金の場合があります。
ジャバラホースで接続しても別に良いのです。
違反でも手抜きでもなく、ちゃんと水は排水され普通に使えます。
でもジャバラホースは高圧洗浄に対応していません。また経年劣化で交換も必要です。
↓下の画像は、ジャバラホースを使って接続された例

↓下の画像は、塩ビ管を使って接続されたものです。

塩ビ管なら耐久性は半永久です。もちん高圧洗浄にも対応しています。
塩ビ管の作業は手間と経験が必要になるので、やりたがらないのです。
Q:プラカゴとステンレスカゴはなにが違うの?
A:ステンレスの方が清潔です。部品代でコストダウンをしません。


排水栓に接続するパッキンも、メーカー指定で耐久性の高いものを取り寄せて採用しています。
Q:深カゴはありませんか?
A:最近の家庭用キッチンでは衛生面から深かごは採用されていません。
Q:ディスポーザー設置前の部品が残っているのですが、安くなりませんか?
A:新品に交換します。旧部品を再利用して経年のひび漏水の事例がありました為です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

直接のEMAILはこちら:info@good-disposer.com

ページ上部へ戻る