記事の詳細

他社さんで購入された方から、当店に質問がきました。
「部材セット付で買って設置したが、配管の高圧洗浄業者から作業ができないと言われた、どうしたら良いか?」とのこと。
こちら↓のセット配管で購入され、接続されておりました。
確かに、これでは定期的に実施される高圧洗浄ができません。

高圧洗浄では高圧水が噴射される極細のホースを入れます。
上の部品だと、このホースを入れる口がないのです。
いや、もちろん配管を分解すれば作業できますが、そんな親切な業者さんはいないでしょう。
ディスポーザー専用の高圧洗浄口の付いたトラップ管はこちらです。
これ市販されていないのです。(検索で探してみてください)
このトラップ管をお送りし、交換していただき解決しました。

この高圧洗浄口の件だけではありません。
DIYの場合、思わぬ落とし穴がある場合があります。
・オーバーフローがある(→ディスポーザーとの相性がよくありません)
・サイズを測ったのに、配管部分が水道管や引き戸に接触
・自宅のシンクと付属の部品が合わない
などなど。
DIYを希望される場合、当店ではかならず事前にシンク下の画像を送っていたいています。
それに合わせた部材を選んで同梱する、完全な個別対応です。
こちらでできる箇所は組み立てたり、必要に応じてメモ付けています。
またDIYが難しい場合はその旨をお伝えして、無理に販売はいたしません。

ぜひご利用ください。

関連記事

ページ上部へ戻る