記事の詳細

ディスポーザーの蓋が取れない、開かない!

フタ式スイッチのディスポーザーで、どうしても蓋が取れない、開かない!というトラブルがあります。どんなに力をいれてもびくとせず。安永,MAX,スキューズ社の比較的底が低い機種で発生することがあります。
原因は15㎝程度のスプーンやフォークを落とし、それが斜めにつっかえ棒になってしまったケースが大半です。
これは製品の故障には該当せずメーカー保証も効きません。こうなってしまった場合のDIYでの対処法を説明したいと思います。
※このトラブルでは当店取り扱いメーカー以外の出張サポートはしません。出張修理はメーカーサポートに直接ご依頼ください。

結論からです、本体を緩(ゆる)めないと取れません。

メーカーにより作業が異なりますが、固定されている本体を外す

作業は次の3つです。
1.固定されているディスポーザー本体を緩める
2.つっかえ棒のスプーン(フォーク)がずれて、フタが動くようになる
3.ディスポーザー本体を戻す
では、それぞれ説明します。

1.固定されているディスポーザー本体を緩める。
ディスポーザー本体を緩める際、つながってる配管のどこか一部も外しておいた方が配管を傷めず安心です。緩めなくてもできますが、配管を傷めないようお気をつけください。スキューズF13の場合は本体横がやりやすいでしょう。写真では右回し(手前回し)で外れます。

本体を接続するネジ(上の方、この機種はマイナスドライバで逆時計回し)を緩めます。上の金属バンドです。下を緩めないよう注意してください。
下の金属バンドを緩めると、メーカーによっては内部の腐食などにより元に戻せなくなることがあります。

2.つっかえ棒のスプーン(フォーク)がずれて、フタが動くようになる
上の金属バンドを緩めると、ディスポーザー本体がぐらぐら動かせるようになります。ぐらぐら動かすと、斜めにはまったスプーン(フォーク)がずれてフタが動くようになります。本体をぐらぐらさせる方とフタを動かす方、二人で作業される方が良いでしょう。※下の写真は外した場合です。

3.ディスポーザー本体を戻す。

後は今と逆の手順で元に戻します。
接続部の内側にぬめりや汚れがあれば布で拭いて水分を取ってください。
下から水平に真上に持ち上げて接続します。斜めになると水がにじみますので気を付けてください。
下から持ち上げながら、マイナスドライバーで金属バンドを締めます。(時計回し)
作業が完了したら、バケツで数回水を流して漏れやにじみがないか確認してください。

 

関連記事

ページ上部へ戻る