記事の詳細

ディスポーザーのフタが取れない、開かない!

フタ式スイッチのディスポーザーで。
どうしてもフタが取れない、開かない!というトラブルがあります。
どんなに力をいれてもびくともしません。
安永、MAX、スキューズ、フロム工業の比較的底が低い機種で発生します。

原因は、長さ15㎝程のスプーンやフォークを落としてしまい、それが斜めのつっかえ棒になっている事がほとんどです。

下の画像は、フタが取れなくて本体を外した時のものです。
フタの裏側になにかがあって、開かないのです。

これは故障には該当しませんので、保証期間内でもメーカー保証も効きません。

こうなってしまった場合のDIYでの対処法です。

結論からですが、ディスポーザーの本体をグラグラさせてフタを取ります。

上からは、力を入れても開きません。→フタがこわれてしまいます。

作業は2名で行います。

一人の方が、シンク下からディスポーザー本体をつかみ軽くゆらします。
ディスポーザーは振動吸収の為、本体が多少グラつくように設計されています。
本体を軽く揺らすことによって、斜めにつっかえたモノが少し動きます。
同時にもう一人の方が、フタを左右にカチャカチャ回すと、つっかえたモノが外れれてフタが開きます。

→DIYですので、自己責任で作業をしてください。

 

これでダメな場合は。

ディスポーザー本体がもっとグラグラするように、部分的にネジを緩める作業になります。

1.固定されているディスポーザーを緩める →本体をグラグラさせる
2.つかえていたスプーン(フォーク)がずれて、フタが動くようになる→フタが開く
3.元に戻す

では、それぞれ説明します。

1.固定されているディスポーザー本体を緩める。
下の画像は金属バンド固定機種(スキューズ・フロム工業・テラル・INAX等)の例です。
水平に2段の金属バンドで固定されています。
このうち上段の金属バンドを緩めます。(マイナスドライバで逆時計回し)

下段の金属バンドは絶対に緩めないよう注意してください。
下の金属バンドを緩めるとメーカーによっては元に戻せなくなります。また締付もしてはいけません。

下の画像は縦3本の吊り下げ金具があるタイプです。
黄色の矢印のネジ、どちらか1つをはずします。
吊り下げ金具は3本あります。どれか1本だけ外せばOKです。

2.つかえていたスプーン(フォーク)がずれて、フタが動くようになる
上の作業をすると、固定されていたディスポーザーが本体が、ぐらぐらと動かせるようになります。
ぐらぐら動かすと、斜めにはまったスプーン(フォーク)がずれてフタが動くようになります。
本体をぐらぐらさせる方とフタを動かす方、二人で作業してください。

3.ディスポーザー本体を元に戻す。
ディスポーザー本体を、真下から垂直に持ち上げながら緩めたネジを締め直していきます。(時計回し)
作業が完了したら、バケツで数回水を流して漏れやにじみがないか確認してください。

4.ディスポーザーが完全に外れてしまった場合
接続部(ゴム)内側のヌメリや汚れを布で拭き、水分を完全に取ってください。
真上に持ち上げて接続します。
ただしく引っかかると金属バンドが緩んでいても落下しません。(スキューズ・フロム工業)

以上がDIYでの作業手順になります。
※このトラブルでは当店取り扱いメーカー以外の出張サポートはしません。出張修理はメーカーサポートに直接ご依頼ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

直接のEMAILはこちら:info@good-disposer.com

関連記事

ページ上部へ戻る