記事の詳細

スキューズF13ご使用中のお客様で、「粉砕時にすごい音がする」とのお問い合わせをいただくことがあります。何か硬いものが処理室内に入ると大きな音がでるのですが、お客様いわく「何も入っていない」とのこと。

出張作業で動作確認をしましたところ「ガタガタガタガタ!!!」と確かに大きな音がします。
粉砕室の中をみても、なにかが挟まっている様子もありません。
電源を切って中に手を入れて、周りの溝の部分を手でなぞってみたところ一か所でなにかがひっかかりました。
なんだろう・・・・・引きぬいてみたところ。納豆のタレの袋の破片です。

小さくて透明で、しかも死角であるシンク手前側の溝に挟まっていたので、ちょっと見ただけではわからず。さわってみて気が付くことができました。スキューズF13は周囲の溝の隙間から生ごみが排出される仕組みです。この溝の1つ(赤矢印)の箇所に挟まっていました。こんなペラペラな破片なのに予想以上に大きな音を出します。通常この程度のものは流れていくのですが。

お客様には大変申し訳ありませんが、原因が故障ではなく噛み込みですので、保証期間内でしたが出張修理費用をご負担いただきました。(噛み込み、詰まりはメーカー保証の対象になりません)
もし大きな音がしたら、プラ破片の挟まりを確認してください。

関連記事

ページ上部へ戻る