記事の詳細

オーバーフローとは、シンクの横や正面に付いた水抜けの穴です。
シンクに一杯水を溜めた際、水があふれないように付けられているのですが、デメリットの方が多く、数年前から家庭用シンクでは廃止されています。
ディスポーザーとの相性もよくありません。当店ではオーバーフローを閉じる処理をお勧めしています。※設置作業ご依頼の際には無料で実施しています。DIYで作業される方はこちら→オーバーフロー穴の塞ぎ方

理由1. 悪臭の発生源になります。害虫の住処にもなります。
滅多に水が流れませんので、ディスポーザーで処理された汚泥がホースに蓄積します。害虫の住処になります。
理由2. 詰まった時にポンプが使えません。
詰まった時に簡単に復旧できる真空ポンプ(スッポン・ラバーカップ)がそのまま使えません。(穴を塞ぐ必要があります)
理由3. 漏水の原因になります。
ホースが劣化で硬化し、接触によるヒビから漏水する恐れがあります。
理由4. 動作音が聞こえてきます。
オーバーフローの穴からディスポーザーの音が筒抜けで聞こえます。また「ダムフラッシュ」が付いた機種は、これが機能しません。
理由5.そもそも!
国産ディスポーザーはフタに穴があり、水を溜めることができません。
「配管が詰まった時に水があふれるじゃないか!」という方、オーバーフローの有無に関係なく配管が詰まれば水があふれます。

オーバーフローはディスポーザーの配管につながっています。
シンク上まで水を溜めて使用する方はめったにいません。その為黄矢印の箇所に腐敗ごみが付着蓄積しオーバーフロー穴から臭気を発します。

IMG_20170204_172650_resized 


オーバーフローの例1:↓一般的なタイプ。シンクの横か正面にあります。
img_9062 

オーバーフローの例2:↓正面に丸い穴があるタイプ。
IMG_20170204_173445_resized_20170205_092748703 IMG_8997
ちょっと回しにくいのですが、このフタ全体をつかんで回すと外すことができます。シンク裏側のホース側を回した方が外しやすいですね。

オーバーフローの例3:↓シンク一体型のスポンジ入れ。これは例外です。
img_9159 img_9160-1
シンク一体型の洗剤立ての底面にオーバーフローの穴があるケースです。
この場合は閉塞すると水が溜まりますので、お客さまに相談をしています。
1.上記のデメリットを甘受してそのままディスポーザーにつなぐ
→ダムフラッシュ機能(スキューズF13等)が動作しなくなります。
2.閉塞してしまい、ただの穴として下に雑巾等を敷いて使用する
→バスコーク等を使用して閉塞します。

ディスポーザーとつなぐ場合は、定期的に上から水を流すことをお勧めします。
※オーバーフローの閉塞作業は、設置ご依頼の際には無料で実施しています。DIYで作業される方はこちら→オーバーフロー穴の塞ぎ方

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2-top550-4

直接のEMAILはこちら:info@good-disposer.com

 

関連記事

ページ上部へ戻る