記事の詳細

スキューズF13の上位機種、スキューズF20 が入荷しました。
比較的新しい機種で情報が少ないのです。
もちろん修理実績もないので弱点箇所の特定ができませんが、スキューズ社のもので信頼はできそうです。ディスポーザーへのこだわりが大変強く、様々なテストを実施検証している専門メーカーです。
※メーカーサイト
※Skewes F20 カタログ(PDF)
実機の写真と併せてカタログ記載の特長と、実機を動かしての所感を掲載します。


ディスポーザーの寿命は、モーターより先に本体腐食によってやってくることが多いのです。

■塩素系薬剤にも耐える耐薬素材構造設計
鉄や鋳物のボディ素材のディスポーザーは、モーター寿命や電子部品よりも先に、薬剤による本体腐食によって漏水し、故障を引き起こしています。
本体腐食は修理不能です。塗装がありコーキング材ものりません。
ボディの耐薬素材は大切なポイントです。
→右画像参照:腐食が進行したディスポーザーです。
腐食は本体とゴム部品が接触する箇所で発生します。
最初は振動で粉が落ちてきます。
その後進行し漏水します。補助のない機種は突然落下します。
■世界規格基準に準拠したフタスイッチモデル
F20は世界一厳しい米国工業規格に準拠させています。
一般的な国産ディスポーザーにくらべて排水口径が小さい(直径8㎝、世界規格と同じ)理由も、金属フォークなどが落下確率を減らすと共に、口径x回転盤までの高さを確保し、構造的にカミコミの発生率を極力下げる構造設計の為で、この設計でないと米国工業規格は通りません。
排水口径が大きい方が使いやすいことは確かです。一方、ディスポーザートラブルの90%がカミコミであることを考えると、この仕様も納得がいきます。
■ディスポーザーの不衛生な要素を無くすことをテーマに設計された機種
2つの特長により内部および配管が比較的清潔に保たれます。
1. 処理室内部の水が上下に乱回転する構造で使用する度にぬめりの原因を抑えます
2.処理室内をリンス洗浄し、渦巻き状に流すダムフラッシュ機能が付いています。この際配管も洗浄されます
■その他
圧倒的な粉砕パワー
世界基準に基づき処理する食品を選びません(極端に繊維質の強いもの、硬いものは除く)
三角コーナー一杯の分の生ごみを40重病程度でスピード処理
粉砕が終わると自動停止、時限タイマーではなく、粉砕終了を検知しての停止
年間電気代が※132円円の省エネ ※1回60秒の使用を1日2.5回、22円/kwhで計算
自動給水オプションがありますが他社の自動給水は引継ぎできません。※セキスイ社のシンクリアのみ例外的に流用ができます。


本体サイズは、高さ329mmx幅196mmです。



排水口外径は18cmですが、欧米規格の11.5cmや別売アダプタで他口径にも対応可能です。

カミコミ解除の工具も付属です。

製品名 モデルF-20  HardShock ※メーカーサイト
運転方式 フタスイッチ運転
運転時間 標準運転モード:25-60秒 クリーニング運転モード:33秒
終了方式 終了検知機能による自動停止
使用水質 水道水 0‐40℃
使用水量 8ℓ/分
設置場所 流し台シンク下
使用周囲温度 0‐40℃
使用周囲湿度 90%RH以下
使用電源 単相100V 50/60Hz
電源容量 15A
電動起形式 単相誘導電動機
定格消費電力 379W/384W
定格電流 4.1A/3.9A
定格時間 5分
粉砕方式 スイングハンマー方式
粉砕室容量 1.5ℓ
製品重量 5.5kg
保護装置 過負荷保護装置(フタスイッチ復帰式)マグネット式フタスイッチ
電源コード長さ 1.0m
対応シンク口径 115mm・180mm・185mm

関連記事

ページ上部へ戻る