記事の詳細

国産ディスポーザーの中でも人気の機種、スキューズF13が最近マイナーチェンジしています。
一見するとなにも変わりません、品番も同じ。
もしかすると販売店さえ気が付いていないかもしれません。
ところがディスポーザーをぶら下げるマウントのラバー部品がこっそり進化し、静粛性がかなり向上しています。
具体的には、黄色の矢印の部品が固定部品からサスペンション部品に変わりました。
Amazonのレビューで作動音がうるさいなどと書かれていますが、これが相当軽減されています。
まだマイナーチェンジ前の在庫も流通しているようですが、当店はすべて新機種に入れ替えてあります。

 

関連記事

ページ上部へ戻る