積水(セキスイ)ディスポーザー修理

積水ディスポーザー・シンクリア SFH7000 修理対応

積水はは2005年9月末をもってディスポーザ生ごみ処理システム事業から撤退しています。部品流通の関係上、当店で可能な対応状況は次のとおりとなります。また本体の腐食による漏水とそれに伴う故障対応のお問い合わせを多くいただいております。外側からの止水処理ができない場合、取り外しもしくは機種交換となります。

2-pipesinkuria

【修理可能な故障】

・カミコミや排水不良などの対応
・配管部分のトラブル対応
・本体の取り外し、適合評価機種への交換作業
・その他、一般的なディスポーザー故障修理

【修理ができない故障】→メーカーにお問い合わせください。

譲渡先・お問い合わせ先 →テラル(株)システム技術課アフター窓口 TEL 0120-201-844  担当エリア:全国
・純正の専用備品が必要な修理
・電子制御盤の交換を必要とする故障
・本体からの漏水によるブレーカー作動
・回転盤の破損
これらを伴う故障の場合、先ずメーカーにお問い合わせください。
→応急処置はご案内いたします。お気軽にお問い合わせください。
→使用年数が10年を超えている場合は本体交換のご検討をお勧めいたします。
→ディスポーザー本体を撤去して通常排水に戻すことも可能です。※以下参照

【機種の交換の場合】

ご希望の機種をお知らせください。
・フタ式スイッチでお使いになりたい方にはSkewes F-13
・使い勝手と利便性を優先される方にはISE AC105
・使用頻度が低く低価格機種をご希望の方にはAMIをお勧めしています。
※ 詳しくはこちらをご覧ください。>当店の推奨機種

【取り外し・配管復旧をご希望される場合】

ディスポーザーを取り外して通常の配管に戻すことも可能です。
本体を撤去し配管を復旧させます。マンション等定期的な高圧洗浄に対応した塩ビ管でしっかり組み立てます。

2-pipe
取り外しの作業費用はこちらをご確認ください。

【修理メモ】

状況:ピーという音がなり動かない。
→金属片の落下によるカミコミ。シンクリア付属の六角レンチでカミコミ解除

状況:マンション標準装備、使用年数7年。本体上部側面部分からの漏水
→金属部分の腐食により穴が開いている状態。
unnamed
機種:セキスイシンクリア (自動給水タイプ)
対処暫定処置として専用補修在にて外側からの防水補修。(通常の水漏れ補修テープでは金属部分との接着力が弱く使用できません)処理室内なので穴が広がる可能性あり。取外配管復旧、もしくは機種交換をお勧め。

セキスイバッチ式(フタ式)ディスポーザーの専用のコンセント。作業の際には単独のブレーカーを必ず落としてください。
写真 1 (7)

写真 2 (11)
本体上部の腐食漏水と故障のケースです。金属部分がもろく修理はできません。

写真 2 (10)
本体の接続部分が腐食しているケースです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2-top550-4

ページ上部へ戻る