ナイスママ()の修理につきまして

ナイスママ(生ポンドライ) の修理につきまして

ナイスママの修理対応

生ポンドライは、2011年9月に販売終了しております。弊社では本体の撤去もしくは機種交換のみ実施しております。
※撤去作業費用(東京・千葉・埼玉・神奈川)16,800円-19,800円(税込)
→排水栓がない場合はその部材費用(6,480円)が必要です。
→本体廃棄はお客さまにお願いをしております。弊社作業員による廃棄は別途費用をいただきます。

修理につきましてはメーカーにお問い合わせください。
トリニティタークインターナショナル株式会社
https://www.tt-i.co.jpl
サポートセンター:0570-053-714

YYs-IMG_5075 YYs-IMG_5080

 【当店での修理可能な故障】

・カミコミや排水不良などの対応
・配管部分のトラブル対応
・本体の取り外し、適合評価機種への交換作業
・その他、メーカーの専用部材を必要としない修理

【機種の交換をご希望される場合】

当店では生ポンドライの代替機種として、適合評価機種である次の機種を推奨しています。
ただし、生ポンドライのようにシンク下で汚水処理がされるタイプではなく、ディスポーザーで粉砕処理された水はトイレ排水と合流します。自治体により設置の賛否がありますので、ご確認の上お申し込みください。

生ポンドライ→AC105への交換作業例
IMG_8702 IMG_8707

ISE AC105:69,800円(税込)(フタ式スイッチ)79,800(税込) +出張施工費用
電子制御盤を採用せず、故障のリスクを大幅に減らした機種です。静音性、耐久性ともに定評のあり、都内を中心に多くのマンションで採用されている実績があります。
※ 詳しくはこちらをご覧ください。>当店の推奨機種

【取り外し/配管復旧をご希望される場合】

ディスポーザーを取り外し、通常排水に戻すことも可能です。本体を撤去し配管を復旧させます。当店では基本的に簡易じゃばらは使用いたしません。マンション等定期的な高圧洗浄に対応した塩ビ管でしっかり組み立てます。生ポンドライ作業費用は弊社通常のディスポーザー取外し料金と変わりませんが外した本体廃棄は別料金となります。

2-pipe
取り外しの作業費用はこちら

【対応事例】

状況:発熱とそれに伴い、悪臭が発生する。
機種:生ポンドライ(生ぽんドライ)
理由:処理室接続口より液体漏れ、発熱理由は不明
対処:お客様ご希望により、AC105 への交換

直接のEMAILはこちら:info@good-disposer.com

 

ページ上部へ戻る