新築・リフォームされる方、設置前の注意点

新築・リフォームでディスポーザーの設置を検討されている方は、以下ご確認ください。

重要1.排水口は日本の標準規格(正円形/直径18㎝ もしくは11.5㎝)にしてください。
重要2.シンク下収納はできるだけ扉にしてください。※引き戸の場合は別途加工が必要です。
重要3.100V電源(アース付)を設置してもらってください。
重要4.塩ビ管を立ててもらってください。
重要5.米国メーカーのディスポーザー希望の場合は、外付のスイッチを付けてください。
その他
では、それぞれ詳しくご説明します。


重要1.排水口は日本の標準規格(正円形・直径18㎝ もしくは11.5cm)にしてください。

ディスポーザーを設置する上で最も重要なのが排水口です。
排水口が18㎝(日本標準)、もしくは11.5㎝(米国標準)でしたら設置ができます。
直径18㎝の排水口:どのメーカーの機種でも設置ができます。
直径11.5㎝の排水口:米国メーカーの機種のみ設置ができます。
各キッチンメーカーでは、上記の標準規格以外にオリジナルの排水口が用意されています。これらメーカー独自の排水口には設置ができませんのでご注意ください。
例:LIXILのくるりん排水口、タカラスタンダードのスキマなし排水口、クリナップの流れーるシンクなど
変換アダプターや特殊加工により設置ができる場合もありますので、お問い合わせください。

disp03

重要2.シンク下収納はできるだけ扉にしてください。※引き戸の場合は別途加工が必要です。

シンク下収納は2種類あります。観音扉と引き戸です。扉の場合はそのまま設置ができますが、引き戸の場合、選択される機種にもよりますが、ほぼ接触します。ディスポーザー本体と接触する部分の加工(別途有料)が必要になります。大手キッチンメーカーでは予めディスポーザー設置を前提とした引き戸のプランも用意されています。
・弊社作業員による加工は有料です。(持ち帰り・納期は約2週間)
・引き戸の素材がホーローの場合、クラック(ヒビ)が入り加工ができません。※タカラスタンダード社製に一部採用されています。

↓(左)LIXILキッチンのディスポーザー用の引き戸です。あらかじめ加工がなされています。↓(右)上段にスライドストックがある場合はご相談ください。
 

重要3.100V電源(アース付)を設置してもらってください。

ディスポーザー用の電源が必要です。施工業者によっては「電源はひな段の中に入れてありますよ」という場合が多々あります。それではいけません。施工時ならわずかな手間ですが、後からでは電気工事店への依頼が必要となり余計な作業費用が発生します。下の画像のようにコンセント(アース付)がでているようにしてください。
 

 

重要4.塩ビ管を立ててもらってください。

下の2枚は良くない例です。施工業者によっては塩ビ管を立てずに、下の画像のようにジャバラホースを床下に差し込んであるだけの場合があります。ディスポーザーを付ける場合、これはいけません。(※付けない場合でも、塩ビ管でないと排水口からの高圧洗浄ができません)ちゃんと塩ビ管を床上に出してもらってください。これも施工時ならわずかな手間ですが、後からではホールソーでの穴あけや追加の接続塩ビ部材が必要になります。

 

下の画像(左)↓の状態なら完璧です。塩ビ管がしっかり立ってます。排水口の真後ろより、若干左右どちらか側にある方がうまく設置ができます。アース付きコンセントも付いていますね。丁寧な施工では下の画像(右)のようにジャバラを使わず塩ビ管で接続されます。

 

 

重要5.米国メーカーのディスポーザー希望の場合は、外付のスイッチを付けてください。

フタ式スイッチの国産ディスポーザーとは異なり、米国メーカーのディスポーザー(ISE/アナハイム等)は外部に設置したスイッチによりON/OFFします。連続投入式といわれ、処理が多い場合やディスポーザーに慣れてくると大変に使いやすいのが特徴です。
米国メーカー機を希望される場合は、キッチンの施工時にあらかじめシンク下のコンセントと連動した壁スイッチの設置をおすすめします。こちらの作業も施工時ならわずかな手間ですが、後からでは電気工事店への依頼が必要となり、また壁内に配線を通す高額な作業費用が発生します。
下の画像(左)は壁にあるディスポーザースイッチの例です。押すと動作し、もう一度押すと止まります。下の画像(右)は後付けでフットスイッチを繋げた例です。このスイッチは両面テープでどこにでも固定できますが配線がでます。シンク下収納が引き出しの場合は、引き出し内部側面に張り付けます。
 

例外で米国メーカー製でフタ式スイッチ(バッチ式スイッチといいます)もありますが、お勧めしていません。ネック部分が長くなり使い勝手が良くありません。フタ式スイッチを優先されるのなら国産メーカーをお勧めします。

その他

・本体のサイズを確認してそのスペースを確保してください。
→水道管や配管ボックス(奥のひな段)が接触して設置ができないケースがあります。
スキューズF13(国産ディスポーザー) の本体サイズ ※クリックして拡大します

ISE AC105B(米国メーカー) 
の本体サイズ ※クリックして拡大します

・人工大理石シンクの場合の注意点
シンクそのものに厚みがあり、スキューズ等の国産ディスポーザーのフランジ(排水口につけるアダプタ)が対応できません。設置できるのが米国メーカー(ISE AC105B等)に限定されます。
 

 

2-top550-4

直接のEMAILはこちら:info@good-disposer.com


キッチンメーカー別ディスポーザー設置可否情報

リクシル(LIXIL)キッチン
クリナップキッチン
タカラスタンダード
パナソニックキッチン
TOTOキッチン
イケア(IKEA)キッチン
ヤマハキッチン (現:トクラス)
CERA(セラ)、KOHLER(コーラー)
トステム・INAX・新日軽・サンウエーブ・TOEX

昨今のディスポーザー人気から、殆どのキッチンメーカーでディスポーザーの設置可能なモデルが発売されています。設置条件に合わないモデルでも、専用アダプターや特殊加工により設置ができる場合がございます。

ON/OFFのスイッチはこちら


<対応外のシンクに設置がしたい>

設置ができないシンクに、どうしても設置したい!
こうしたご依頼に応える特殊加工の例をご紹介いたします。いままで設置をしたくてもシンクの形状で諦めていた方もぜひご相談ください。
※ステンレス素材のみで人造大理石やホーロー素材のシンクへの加工はできません。また設置できる機種は限定されます。

施工事例1:パナソニック「スキマレスシンク」

排水口を欧米シンクの標準である直径115㎜に加工することで設置を可能にしたものです。
s-施工前①
↑排水口径が小さく設置ができません。
s-DSC_0168
↑ディスポーザーのアダプタがはいるように口径をひろげた後、アダプタ分の数ミリの段差を作ります。

↑115㎜のアダプターがぴったり入ります。精度の高い作業によりコーキング剤を使用していません。
s-DSC_0171
↑欧米標準の115㎜口径ですので、設置できるのは米国メーカー機種に限定されます。

s-DSC_0170
↑通常より設置位置が下がります。
s-スライド収納加工
↑シンク下収納が引き戸の為、接触部分をコの字型にカット加工しました。

施工事例2:ディスポーザー専用の排水口を増設するケース

以下は独自に排水口を増やした施工例です。水栓からの水流を考え、最適な位置に増設しました。

ISE105_001 ISE105_002 ISE105_003 ISE105_004 ISE105_005 ISE105_006 ISE105_007

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2-top550-4

直接のEMAILはこちら:info@good-disposer.com

ページ上部へ戻る