ディスポーザーの設置・リクシル Lixil

■リクシル Lixil (旧:トステム・INAX・新日軽・サンウエーブ・TOEX)
http://www.lixil.co.jp/lineup/kitchen/

ディスポーザーの施工可否は、排水口の形状シンク下のスペースで決まります。
施工できるシンクと写真事例を紹介いたします。昨今のディスポーザー人気により、各社で設置可能なキッチンが発売されています。販売店のご担当者様にも併せてご確認ください。

■排水口の形状

YYs-IMG_7094 YYs-IMG_7096
↑この形状の排水口に合うアダプタはありません。設置することができません。
YYs-IMG_7102

↑メーカー独自設計の「てまなし排水口」です。排水口径が小さい為に設置ができません。
※特殊加工により設置できる場合がございます。詳しくは特殊加工をご確認ください。

YYs-IMG_7104 YYs-IMG_7107
↑日本標準サイズである円直径180mmタイプです。設置ができます。

■シンク下収納

・観音開きのタイプはそのまま設置ができます。
・引き戸式収納は、ディスポーザーの機種にもよりますがほぼ接触します。
→加工が必要ですが、できるものとできないものがあります。

YYs-IMG_7121 s-YYs-IMG_7109
↑(左)シンク下収納が1段のタイプ。わずかですが奥の部分が接触します。加工が必要になります。
↑(右)シンク下収納が2段のタイプ。上段は接触します。下段は機種により接触します。加工が必要になります。

YYs-IMG_7118 s-YYs-IMG_7113
↑上段にスライド棚があるタイプ。スライド棚には、わずかではありますが接触します。
055 053
↑極力さけて設置を試みますが、どうしても回避できない場合は加工(有料)します。
↑上記は全長最小のF13を設置し接触加工した例です。他の機種の場合はステンレス部分も加工が必要です。

■引き戸加工につきまして

★シンク下収納が引き出し式で本体が接触する場合は、以下の選択になります。
①作業員に依頼される場合(有料:1段につき 19,950円)
i01引き戸の接触箇所をカットし、木材で枠組みを作ります。素材が木材(合板)や金属(スチール)は加工ができますが、ホーロー素材はクラックが入る為に加工ができません。※タカラスタンダード社のキッチンはホーローが多く使われております。ご検討中の方はご注意ください。
加工作業は、可能であれば現場で実施します。素材等で困難な場合は引き戸を10日から2週間程お預かりし、当店指定工場にて加工し再配達いたします。
※こちらは関東/関西圏内のみのサービスとなりますので、ご了承ください。

②お客様ご自身による引き戸加工(無料)
引き戸の奥という目につかない場所から、ご自分で加工を希望される方もいらっしゃいます。その場合は作業員が接触箇所に墨だし(線引き)を致します。その部分を素材に合わせた糸ノコで切断し、中のものが落ちないように適度な仕切りで板で補強をします。

③ご自宅近くの木工所、製作所、ホームセンターへの持ち込み加工
当店作業エリア(関東・関西地区)以外のお客様は、お近くの木工所や製作所に持ち込み依頼をしてください。加工サービスのあるホームセンターでもできる場合があります。→ WEB検索キーワード「木材(金属)+ 加工 + 地域名」

■そのほか

・Amyのセンターポケットシンク→設置に特に影響ありません。
・らくパッと収納+パッとシェルフ仕様の収納
1段目:パッとシェルフ →全長最小のF13を設置した場合でもわずかに接触します。取り外しもしくは加工が必要です。
2段目:引き戸上段 →接触します。加工が必要です。
3段目:引き戸下段 →接触しません。

<重要>

このページに記載の情報は、当店での現場作業実績より参考情報として掲載をしております。各メーカーの仕様変更や、現場各々により状況が異なる場合がございます。最終的なディスポーザー設置の可否は必ずキッチンメーカー様にご確認ください。当サイト掲載内容に起因する責任は一切追いかねます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2-top550-4

直接のEMAILはこちら:info@good-disposer.com

ページ上部へ戻る