よくある質問

ディスポーザーのよくいただく質問を順次掲載しております。質問文をクリックして詳細ご確認ください。
ご不明点がございましたら、こちらからお気軽にお問い合わせください。

★ディスポーザー全体について 

ディスポーザー排水処理システムとはなんですか


jouka01

□単体ディスポーザー

台所の流し台(シンク)の排水口に生ごみ粉砕機(ディスポーザー)を設置します。粉砕された生ごみは水と共にトイレ排水のし尿と合流し、公共下水道へし尿と同様の処理がなされます。米国の一般家庭に普及しているものと同式で、メリットはシンク下のみの工事で比較的簡単に設置ができること、その後のメンテナンスもほぼ不要なこと。デメリットは、自治体により推奨意見と自粛意見に別れていることが挙げられます。これは2000年以降都内を中心に人気が高まり、広く普及した結果、下水道への負荷懸念が持ち上がった為です。また日本国内の量販店での購入できず、多くの並行輸入品が流通しています。

単体ディスポーザー説明図

□浄化槽付きディスポーザーシステム

ディスポーザーキッチン排水処理システムといわれています。生ごみを粉砕して水と共に流すところまでは、上記のディスポーザーと同じです。そこから先、生ごみ排水は、トイレ排水とは合流せず、一旦各家庭や集合住宅単位に設置された処理槽(浄化槽)に入り、排出する汚水の負荷を低減してから公共下水管等へ流れます。
処理槽の設置は管轄の自治体に申請後、専門業者によって行われます。槽(タンク)は主に屋外や地中に設置します。4人家族が住む一戸建住宅程度のサイズで、約70万円から150万円程度です。槽は定期的(通常年に1-2回)なメンテナンスを必要とし、蓄積された汚泥は一般廃棄物の扱いで処理されています。
下水道施設への負荷が減るのがメリットですが、処理槽の設置と定期的なメンテナンス費の負担が大きいのがデメリットとなります。

ディスポーザーシステム説明図


こちらもご参照ください。<ディスポーザーと環境問題>

 

電気代はどのくらいかかりますか?


標準的な使用で、電気代は月に約4円、年間50円程度です。(※1回30秒、一日2.5回の使用)
動作中に水流が必要な為、水道代がかかります。1回の処理で水洗トイレ1-2回分程度が目安です。

使用音はどの程度ですか?


これは機種によって大きく違いますが、
トイレ水洗と同等の音量とお考えください。
旧機種から交換された方は当店ディスポーザーの静かさに驚かれます。
マンションに積極的に採用されている機種をご提供しております。

モーターにて砕くという機械の性質上、
どうしても音は発生しますが、処理は10秒程度で終わります。

生ごみを下水に流す事が、なぜ環境にやさしいのでしょうか?


ディスポーザーポーを使用して生ごみを下水に流すこと。とても環境にやさしいこととは思えません。でも、大量の水分である生ごみは、大量のエネルギーを使って火力焼却されている現状があります。ディスポーザーの使用は、生ごみの火力処理か下水処理かの悪影響の比較になります。頭ごなしにディスポーザーが環境に悪い!・・・という前に、焼却大国である日本のダイオキシンとCo2の排出量を知り、その悪影響を知る必要があります。

当店別ページ、「ディスポーザーと環境問題」に記載させていただきました。そちらご参照ください。

日本であまり普及していない原因はなんですか?


日本国内においてディスポーザーは、推奨派と反対派に分かれている為です。
補助金を出して推奨する自治体がある一方、使用に自粛を求める自治体もあり、統一されていないがために、米国のように家電量販店で販売されることもありません。ディスポーザー推奨派の意見は、その多大なる利便性と、水分の焼却によるダイオキシンの大量発生やCo2、温暖化などの悪影響への懸念です。反対派の意見は下水処理所への負荷懸念です。国土交通省は試験結果を提示し、導入の判断を各自治体に委ねています。その結果、同じ下水道を使っていながら、設置できる地域とできない地域に分かれているのが現状です。こうした賛否ある状況から、普及が妨げられています。

では下水道が詰まることはないのですか?


ディスポーザーポーの下水管への影響は米国のみならず、日本国内においても大規模な試験が実施されています。当店は2005年に提出された国土交通省の試験データから、家庭ごみによる下水道への影響は無視できる範囲と判断し、ディスポーザーの提供を開始しております。下水道は元々世界共通で土砂が運搬されることさえも前提に設計されています。

キッチンの排水管が詰まることはないのですか?

ディスポーザーはよく詰まる・・・といわれる原因のすべては、設置部材か利用者の使い方が原因となっています。径の太い正しい配管部材を使用し、無理のない使用をされたなら詰まることはありません。簡素化した工事が原因になっていることがほとんどなのです。ディスポーザーではキッチンの排水管は詰まりません。

ヌルヌルにならないのですか?


ディスポーザーの内部は使用するたびに洗浄されている状態となり、大変清潔です。
排水口部分は必要に応じて洗浄をしてください。

設置後の費用はどれくらいかかるのですか?


メンテナンスフリーです。構造上、使用される度に洗浄されるようになっています。設置後の費用はわずかな電気代と水道代のみで非常に経済的です。

※浄化槽(処理槽)付きのディスポーザーシステムはこの限りではありません。

ディスポーザーとはなんですか?


w-1

ディスポーザーは、米国では50年以上前から一般家庭で広く使用されている生ごみ処理機です。キッチンシンク排水口の真下に設置されたディスポーザーにより、生ごみは数ミリ程度に粉砕され、キッチン排水と共に、トイレのし尿排水と同じく下水処理されます。生ごみに関わるあらゆる問題を根本から解決する可能性を持った機械であり、日本国内でも住宅情報誌のアンケートでは、常に人気設備の上位にランクインされています。
生ごみを粉砕する、といいましても鋭利な刃物は使われておらず、遠心力で処理をします。(ミキサーやジューサーの仕組みとは違います)


調理後、食後直ちに処理される為、生ごみそのものが発生しません。三角コーナーも不要になり、次の対策になります。

・指定回収日、時間に捨てに行く手間
・キッチン内の腐敗臭、悪臭
・ゴキブリ、カラス、ネズミ害
・高齢化社会の負担軽減
・集合住宅共同エレベーター内の朝の悪臭
・積雪の多い地域のごみ出し負担

★機種選びについてのFAQ 

安全性はどうでしょうか?


米国で50年以上の歴史を持つディスポーザーです。安全性も充分に考慮されています。ジューサーとは違い鋭利な刃物は使用しておらず、停止中に内部に触れても怪我することはありません。また回転部分も最底辺のみで側面は動きません。
使用が初めてでご心配の方でどうしても不安な方には、フタ式スイッチのものをお勧めいたします。

製品パンフレットや説明書はありませんか


ISEのサイトからダウンロードができます。
メーカーリンク:製品パンフレットのダウンロードはこちら。
アナハイム機種のパンフレットに関しましては、当店に入荷時でしたら発送可能です。お問い合わせください。

普通スイッチとフタ式スイッチ、どちらがよいでしょう?


普通のスイッチ(連続投入式)と、フタ式スイッチ(バッチ式)どちらがよいの?

ディスポーザー大国である米国では、ほとんどの家庭で連続投入式が採用されています。生ごみ処理量が多い場合は、次々と投入できる連続投入式の方が使いやすいでしょう。
一方、ディスポーザーに慣れていない日本の方はフタ式を選ばれる方が多いようです。使用中の安心感はなんといってもフタ式。最近の機種は処理の完了と停止も自動制御されます。但し一部の製品では振動の発生するモーター横に電子基盤が配置され、モーターより先に基盤が故障してしまうケースが多発しています。フタ式をご希望の場合は使用方法を含めまして詳しくご説明いたします。


■標準スイッチ(無料)※形状変更する場合がございます。

7cmx5.5cm。当店で工事依頼をされた方にお付けしている標準スイッチです。木ネジもしくは強力両面テープでご希望の場所に設置します。シンク下収納の内側や引き戸の裏側、足元など、隠れる部分に設置希望される場合がほとんどです。

■純正シンクトップスイッチ(オプション:9,800円 工事費用込み)

sw5 <施工エリア:関東 ※他エリアはご相談ください>
ステンレスシンクに対応しています。スタイリッシュなこのスイッチは空気圧を利用しており、水に濡れた手でも扱うことができます。ご希望の場合、カラー黒と白もご用意できます。

■バッチ式(フタ式)スイッチ

sw1 シンクの排水口のフタがスイッチになっています。生ごみをいれた後にフタをして、水を流しながらフタをひねるとディスポーザーが作動します。ディスポーザー本体が別機種となります。(本体価格が79,800円(税込))バッチ式スイッチは、国産品を含め多くのメーカーがその回路基盤を、振動のある本体と一体化させています。その為モーターより先にこちらの回路が故障するケースが多くみられます。ISEのバッチ式はこの回路基板が本体と別になっており、振動を避けることのみならず、こちら基盤のみの交換修理対応。もっとも安心して使えるバッチ式ディスポーザーとしておすすめします。

■壁スイッチ(30,000円~)

sw2 ディスポーザーで使う100Vコンセントと連動させたスイッチです。新築の場合やキッチンリフォームをされる方は同時に施工されるとよいでしょう。こちらの設置作業は当店では行いません。シンクを設置後はお近くの電気工事店にご依頼ください。工賃は30,000円程度が目安です。

 ■フットスイッチ(1,800円)

sw3 「足元でON/OFFをしたいけど、標準スイッチでは小さい」という方に向いています。ボタンが大きめ。足元の壁や、観音開き収納の中に着け、踏む操作でON/OFFができます。ホームセンターでも購入いただけます。

ディスポーザーの保証について


当店取り扱いのディスポーザーは、国内正規品ですので、メーカーの2年保証がカバーされています。これに加え、ご購入価格の50%で新機種に交換する、当店独自の保証をプラス3年間付与しておりおます。詳しくはこちらをご覧ください。<ご購入後の3つのサポート>

アフターサービスはどうなのですか?


アフターサービスは全国対応いたします。国内正規品のディスポーザーですのでメーカー保証の規約内です。加えて当店の独自保証も付けさせていただいております。
詳しくはこちらも併せてご覧ください。<ご購入後の3つのサポート>
使い方等のサポートは随時行っています。

粗悪なディスポーザーとは、どのようなものですか。


米国では州法によって設置する義務のある地域があります。
その為、非常に安価な機種が流通しています。
非力で錆びに弱いものなど、粗悪なディスポーザーといえるでしょう。
ディスポーザーは情報が少なく比較が難しい製品です、確実なものをお選びください。

1.低品質品との見分けがつかない為
米国におけるディスポーザーはホームセンターでも購入できる一般的な家電です。米国内には設置が義務付けられている自治体もある為、「暫定設置用」の非常に安価な機種が存在します。外見は同じでも性能や強度が全く違う、卵の殻さえも処理できないおもちゃのようなものが存在します。これらは購入時にはまったくわかりません。
2.出力と回転数の違いによるカミコミ発生
ディスポーザー、特にISEのディスポーザーは最適な粉砕ができるよう、高度なシステムで回転数を制御しています。米国、中国など家庭電圧の高い国からの並行輸入品は、国内での使用では必然的に回転数が落ちカミコミといわれる現象が多発します。
3.メーカーの保証が効きません
ISEの正規製品には2年のメーカー保証がついています。またそれ以後も継続的なサービス大正製品になります。並行輸入品はこの対象外になります。
※業務用として高馬力のものをお使いになる場合や、特殊な状況で使用される場合など、例外的に並行輸入品をご提案する場合もあります。

なぜ品質を優先するのか?

ディスポーザーが壊れるとキッチンが使えなくなるからです。
細かな生ゴミが小さな穴に詰ってしまい、キッチンの排水ができません。そして修理費用が高額になりがちだからです。ディスポーザーを外し→メーカー修理→再設置します。その間、通常排水に戻す復旧工事も加わるためです。1回設置したらモーターの寿命までずっと故障のない機種。それはとても大切なのです。

PSEは所得されていますか?


全製品所得済みです。
経済産業大臣が認定した国内の認定検査機関の適合性検査を受けて
電気用品安全法に適合したPSEマークの表示がある製品を選んで下さい。
万が一の時にPL保険がおりない場合が有ります。
購入の際は十分にご注意下さい。

ネットで販売されている米国製ディスポーザーにも価格差がありますが。


ディスポーザーには数百種類があります。
メーカーや性能よって、100ドル程度(1万円以下)のものから、1000ドル以上のものまでさまざまです。日本の家電がそうであるように、ディスポーザーにもその品質によって値段がまちまちです。並行輸入のものや、アジア製の機種は概ね安価で販売されていいます。
サイト情報をよくご覧になって判断をしてください。
<ディスポーザー選び3つの条件>

なぜ米国製のディスポーザーがよいのでしょうか?


当店では機種のご指定がない場合、米国メーカーの機種をお勧めしております。
大きな理由は以下の2点になります。

1.機種の熟成=大変丈夫で高性能
米国ではディスポーザー開発の歴史が50年以上あります。一般家電として普及されている圧倒的な需要の違いから、複数の専門メーカーにより切磋琢磨され、消費者の目が非常に厳しい国柄、安全性や使い勝手、環境問題も考慮された大変完成度の高い製品が続々開発されています。
特筆すべきはその耐久性で、エアコンの1/200といわれる故障率の低さで、一旦設置をしましたらノンメンテナンスで末永くお使いいただくことができます。

2.電子制御盤が付いていない。
国内メーカーのディスポーザーは大半の製品で本体に電子制御盤が付いています。これによって動作や回転の電子的な制御ができるようになっています。電子的な操作ができる一方、電子部品ゆえの故障リスクが高まります。米国メーカー製には採用されていません。

どのようなディスポーザーを選べばよいのでしょうか?


丈夫で故障が極端に少ない、米国大手メーカーの上位機種で、
国内正規販売されているものをお勧めしています。
また多くのトラブルは本体よりも配管部分で発生しています。
ディスポーザー専用の配管がセットになっていることも必須と考えます。
こちらも併せてご覧ください。間違いだらけのディスポーザー選び

1 2

使い方についてのFAQ 

生ごみなら、なんでも流せますか?


野菜や果物はもちろん、肉/魚の骨/シジミの貝など、
ほとんどの生ごみを粉砕します。
ただし極端に硬いもの、繊維質の極端に強いものは流せません。
(サザエ、大きな豚骨、枝豆の殻やとうもろこしの皮など)
こちらに動画を掲載しております。
処理能力は機種によって大きく異なります。
ディスポーザーの中には、卵の殻も投入禁止をする機種が存在します。

スプーンなど、堅いものが入った場合はどうなってしまうのですか?


金属が入った場合や、負荷が多くかかった場合など、
ディスポーザーの保護装置(ブレーカー)が作動して自動的にSTOPします。
原因を取り除いた後、本体のリセットボタンで復帰します。

安全性はどうでしょうか?


米国で50年以上の歴史を持つディスポーザーです。安全性も充分に考慮されています。ジューサーとは違い鋭利な刃物は使用しておらず、停止中に内部に触れても怪我することはありません。また回転部分も最底辺のみで側面は動きません。
使用が初めてでご心配の方でどうしても不安な方には、フタ式スイッチのものをお勧めいたします。

使用方法を簡単に説明してください。


水を流します。食器洗い後の排水で構いません。
ディスポーザーのスイッチを入れましたら生ごみをいれてください。
下記ページに動画を掲載しております。ご覧ください。
こちらに動画を掲載しております。

設置についてのFAQ 

機種の正確なサイズが知りたいのですが。


ISEのサイトからパンフレットと図面のダウンロードができます。
メーカーリンク:製品パンフレットのダウンロードはこちら。

普通スイッチとフタ式スイッチ、どちらがよいでしょう?


普通のスイッチ(連続投入式)と、フタ式スイッチ(バッチ式)どちらがよいの?

ディスポーザー大国である米国では、ほとんどの家庭で連続投入式が採用されています。生ごみ処理量が多い場合は、次々と投入できる連続投入式の方が使いやすいでしょう。
一方、ディスポーザーに慣れていない日本の方はフタ式を選ばれる方が多いようです。使用中の安心感はなんといってもフタ式。最近の機種は処理の完了と停止も自動制御されます。但し一部の製品では振動の発生するモーター横に電子基盤が配置され、モーターより先に基盤が故障してしまうケースが多発しています。フタ式をご希望の場合は使用方法を含めまして詳しくご説明いたします。


■標準スイッチ(無料)※形状変更する場合がございます。

7cmx5.5cm。当店で工事依頼をされた方にお付けしている標準スイッチです。木ネジもしくは強力両面テープでご希望の場所に設置します。シンク下収納の内側や引き戸の裏側、足元など、隠れる部分に設置希望される場合がほとんどです。

■純正シンクトップスイッチ(オプション:9,800円 工事費用込み)

sw5 <施工エリア:関東 ※他エリアはご相談ください>
ステンレスシンクに対応しています。スタイリッシュなこのスイッチは空気圧を利用しており、水に濡れた手でも扱うことができます。ご希望の場合、カラー黒と白もご用意できます。

■バッチ式(フタ式)スイッチ

sw1 シンクの排水口のフタがスイッチになっています。生ごみをいれた後にフタをして、水を流しながらフタをひねるとディスポーザーが作動します。ディスポーザー本体が別機種となります。(本体価格が79,800円(税込))バッチ式スイッチは、国産品を含め多くのメーカーがその回路基盤を、振動のある本体と一体化させています。その為モーターより先にこちらの回路が故障するケースが多くみられます。ISEのバッチ式はこの回路基板が本体と別になっており、振動を避けることのみならず、こちら基盤のみの交換修理対応。もっとも安心して使えるバッチ式ディスポーザーとしておすすめします。

■壁スイッチ(30,000円~)

sw2 ディスポーザーで使う100Vコンセントと連動させたスイッチです。新築の場合やキッチンリフォームをされる方は同時に施工されるとよいでしょう。こちらの設置作業は当店では行いません。シンクを設置後はお近くの電気工事店にご依頼ください。工賃は30,000円程度が目安です。

 ■フットスイッチ(1,800円)

sw3 「足元でON/OFFをしたいけど、標準スイッチでは小さい」という方に向いています。ボタンが大きめ。足元の壁や、観音開き収納の中に着け、踏む操作でON/OFFができます。ホームセンターでも購入いただけます。

アパート、マンションでも設置可能ですか?


設置可能です。最近の新築マンションには標準装備のところもあります。
(機種は夜間でも使っていただける超低騒音機です。※ISE機)
設置も引越の際の取り外しも可能ですので、賃貸マンションでも対応いたします。

ただし自治体や集合住宅の管理者の独自の判断にて、ディスポーザーを自粛や禁止をしている場合もございます。事前にご確認の上、ご依頼いただければ幸いです。

賃貸住宅に取り付けるのですが、引越の際には簡単に外せますか?


通常1時間程度の作業で通常の配管に戻す作業をいたします。
塩ビ管がカットされている場合でも問題ありません。

自分で取り付けできますか?


できるだけ専門作業員の設置作業をお勧めしていますが、日曜大工をこなす方でしたら取り付けは可能です。また、ISEのディスポーザーでしたら、日本語の施工説明書もお付けしております。メール/電話にて取付サポートもいたしますが、自己責任での実施をお願い致します。

シンク下の配管が硬質の塩ビ管です。どのように設置するのですか?


塩ビ管は切断して加工いたします。
切った塩ビ管を元に戻す作業も致します。

電源(コンセント)はどうするのですか?


ディスポーザー設置の際には100V電源が必要となります。
シンク下に電源コンセントがあれば問題ありません。(合板の裏に隠れている場合が多くあります)

それがない場合冷蔵庫の裏など、お近くの100Vコンセントからコードを引く形になります。
どうしてもコードが表にでますので、その上にホームセンターで売られている
「モール」をかぶせて、コードが目立たないようにします。
※これはお好みの色でお客様ご自身でご購入/取り付けください。

モールも種類があり、コーナー用の三角型のものや、床を横断させる低いカマボコ型のものもあります。
ホームセンターや東急ハンズで販売されていますが、インターネットでも購入できます。
電材堂:http://www.denzaido.com/consent/list/360220/

シンク下が引出式です。設置可能ですか?


シンク下が引き出し式になっている場合、
多くがディスポーザー本体が接触してしまいます。
接触部分がわずかな場合、中心をずらす変心アダプタの使用で
回避できるケースもありますが、
ほとんどの場合、引き戸を加工する必要があります。
加工は当店で承ります(費用別/一部地域不可)。
大抵合板でできていますので、日曜大工などされる方でしたら、
糸鋸があれば作業できます。

※カット作業の例も掲載してありますのでご覧ください。

使用するのに許可はいりませんか?


国の定める法律でディスポーザーを規制をするものはなく、届出や申告は必要ありません。マンションやアパートの管理主や自治体により、独自の判断の元に規制をしている場合があります。こちらは設置前にはかならずご確認ください。ディスポーザーとは別に、「ディスポーザー処理システム」というものがあります。これはディスポーザーで処理したキッチン排水を一度浄化槽で処理し、下水に合流させるシステンスです。屋外にタンクを設置し、専門業者による定期的なメンテナンスが必要になります。このディスポーザー処理システムを導入される場合は、自治体によって届け出が必要になります。

ご依頼・お問い合わせフォームはこちら
直接のEMAILはこちら:info@good-disposer.com

ページ上部へ戻る