修理

  • 弱点箇所を厚いパッキンにて強化!

    当店では純正パッキンを厚いパッキンに交換しています。 たった1枚のパッキンの厚さを変えるだけで、耐久性が全然違ってきます。 ディスポーザーとシンクの隙間にあるパッキンは粉砕時の振動をモロに受ける大変負荷の高い箇所です。特に振動の大きな機種では7-8年で限界に達し、役目…

  • DIYでの設置。失敗報告がない理由

    DIYでの設置はできます。失敗報告がない理由は・・・ ディスポーザーの設置は簡単なDIYをする方なら施工書をみてできます。でもその難易度はシンク下の配管状況によって大きく変わります。それでも、当店からご注文いただいたお客様で過去失敗の報告が一度もありません。 …

  • ZEST(ゼスト)ディスポーザーの取り外し

    ZEST社のディスポーザー、ZH1の取り外し方法です。 1.電源コンセントを抜きます。 2.配管の樹脂ネジを右に回し(時計回し)配管を外します。 3.本体ネック部分の銀色の金具を抑え、本体を回すと簡単に外れます。工具はいりません。   銀色の金具を持ち上げて、ストッ…

  • ISE AC105BのDIY施工補足マニュアル

    <重要> ディスポーザー施工のご注意 各部のネジ、樹脂部材の締付には十分注意をしてください。 ・工具での締付過ぎにより、各部品(主にロックナット)を破損するケースが大変多くみられます。 ・ロックナットはすべり止めグローブを着用しての手による強めの締め付け…

  • オーバーフロー穴の塞ぎ方

    オーバーフローとは、水のあふれを防ぐ穴の仕組みです。最近のキッチンでは廃止されています。ディスポーザーとの相性が悪い理由はこちらに掲載したとおりですが、実際にオーバーフローを閉じてしまう作業について説明します。とにかく穴がふさがれば良いのでさまざまな方法がありますが作業の一例をご…

  • スキューズDIY施工補足マニュアル

    <重要> ディスポーザー施工のご注意 各部のネジ、樹脂部材の締付には十分注意をしてください。 ・工具での締付過ぎにより、各部品(主にロックナット)を破損するケースが大変多くみられます。 ・ロックナットはすべり止めグローブを着用しての手による強めの締め付け…

  • ディスポーザーの蓋(フタ)が取れない!!

    ディスポーザーの蓋が取れない、開かない! フタ式スイッチのディスポーザーで、どうしても蓋が取れない、開かない!というトラブルがあります。どんなに力をいれてもびくともしません。安永,MAX,スキューズ社の比較的底が低い機種で発生することのあるトラブルです。 原因は、程よい長さの…

  • シンクのオーバーフローって必要?

    オーバーフローとは、シンクに水を溜めた際に水があふれないよう横や正面に付いた水抜けの穴です。最近の国産シンクでは廃止されています。ディスポーザーとの相性も悪く、当店ではオーバーフローを閉じる処理をお勧めしています。※作業ご依頼の際には無料で実施しています。DIYで作業される方はこ…

  • カミコミの出張対応につきまして

    直販メーカーのカミコミの出張対受付を中止致します。 カミコミとは、ディスポーザーの中にスプーンやフォークなど非常に固いものが落下し、そのままガッチリと噛み込んで動かなくなるトラブルです。 弊社では様々な工具を使用して殆どのカミコミを解除してまいりましたが、事情により直販メ…

  • アナハイム・エコロジックのDIY施工補足マニュアル

    アナハイム(Anaheim)社や、エコロジックディスポーザーのDIY施工補足です。ボディの形状が異なるだけで接続部品は同じです。付属の施工書でできますが、お問い合わせの多い箇所を詳しく説明いたします。 旧ディスポーザーを取り外した後の状態です。↓刃物のようなエッジで…

ページ上部へ戻る