記事の詳細

こんな記事を見つけました。

「世界のゴミ焼却場の約7割が日本に存在していた!生活の中で出すゴミの行方とゴミ焼却場がもたらす健康被害と環境への影響。」

ディスポーザーで生ごみを流しましょう!なんて説明したなら、
「環境に悪いじゃないの!」と直感的に判断をされる方が殆どです。
確かにその通りです。
流すか流さないか?で比べるなら流さないに越したことはありません。
でもこれには、流さない場合、その生ごみはその後どうなるの?
というところまで及んでいません。本当に直感的です。
物事すべての正誤判断において、これではいけません。
流さない生ごみは税金で回収れ、排ガスを出す回収車(全国18万台以上)でゴミ焼却場に運ばれます。
生ごみは殆どが水分で構成されています。水は燃えませんから、焼却温度を高温にする為のエネルギーが必要です。(※低温で燃やすとダイオキシンが大量発生してしまう為です)加えて現状でも、日本のゴミ焼却量はヨーロッパの環境先進国の10倍以上でダイオキシンの排出量も世界一。上で紹介した記事のとおり、ケタ違いに多いゴミ焼却炉は世界的にみて大きな問題です。
1位:日本:1243炉
2位:アメリカ:351炉
3位:フランス:188炉
焼却処理(今までどおり)と下水処理(ディスポーザー)。それぞれが地球や人体に環境に与える影響を把握し比較をしないと話にならないのです。
一方、下水処理に反対の主な理由は、「下水処理の設備に負荷がかかる恐れがある」という推測領域のもの。過去国土交通省が実施した大規模なディスポーザー使用による下水負荷テストでは、殆ど影響がないと判断されたデータがWEBで公表されいます。
本当に生ごみは燃やすべきでしょうか?
日本の国としてはディスポーザー(単体使用・浄化槽なし)を禁止していません。判断は各自治体に委ねられています。結果、同じ下水道ながら地域によって設置ができたりできなかったり。
お住まいの地域での設置可否などは、お気軽にお問い合せください。

関連記事

ページ上部へ戻る