記事の詳細

<重要> ディスポーザー施工のご注意

各部のネジ、樹脂部材の締付には十分注意をしてください。
・工具での締付過ぎにより、各部品(主にロックナット)を破損するケースが大変多くみられます。
・ロックナットはすべり止めグローブを着用しての手による強めの締め付けをお勧めします。
トラップ等の樹種部品も同様です、締付過ぎによる部品の破損にお気をつけください。
・部材の破損による交換は有料になります。
・少しでも作業にご不明な点などございましたら、必ず事前に弊社作業担当者にご確認ください。

img_7013
↑まず工具ですが、一部なくても作業ができますし、現場状況により使わないものもあります。
塩ビ管切断に使うのこぎり、ニッパー、塩ビ用ボンド、引っ掛けスパナなどです。

既存ディスポーザーの取り外し方は機種によって異なります。
→外し方がわからない場合は現場画像と併せてお問い合わせください。
基本的には本体が接続されている構造をよくみてネジを緩めていくと、ほとんど工具なしで外せます。


一番手ごわい!?↓旧ディスポーザーを取り外す際のフランジの取り外し
↓ディスポーザー取付用フランジ(白い樹脂のリング)を外します。時計回し(黄色の矢印方向)に回すのですが、こちらもとても固くて手では回りません。
水色矢印の隙間に潤滑油(CRC-556等)をスプレーしたのち、下の写真(左)のような引掛けスパナを使うか、軸を使ってハンマーで叩くか、です。それでも固くて回らないときは最終手段としてノコギリでシンク下ぎりぎりまで切れ目を入れた後、マイナスドライバを差し込み割ってしまいます。

IMG_20170204_173301_resized IMG_20170204_173338_resized_20170205_092749217
IMG_20170201_150223_resized_20170205_101530783 IMG_20170129_103515_resized_20170205_101530955
引掛スパナは工具の専門店でないと販売されていません。→こちら

↓シンク排水口のアダプタは載せてあるだけですが、パッキンが貼り付いて取りにくい場合があります。中心を掴んでグッとひねると外れます。雑巾で汚れをふき取りますが、シンク排水口のエッジ部分は鋭くカミソリそのもの!手を切らないよう必ず手袋を着用して作業します。

img_7016


ここからISE AC105Bの設置です。

施工マニュアルが図解入りでわかりやすく、基本的に問題なく作業ができます。ポイントだけ掲載します。
180mmフランジアダプタの取り付け↓
・3つのネジは均等に締めます。
・排水口のエッジ部分は鋭くカミソリそのもの!注意をしても手を切りますので必ず手袋を着用してください。
・画像のようなシールテープを巻くと尚良いでしょう。

 

 

 

180mmフランジアダプタの締め付け↓
水平に最後まで締め付けてください。水平にしているつもりが傾いてて最後まで締め付けできない場合があります。無理に締めると破損しますし、少しでもスキマが空くと漏水します。
引掛スパナで力任せに締めると破損します。施工書には締め付けトルク40Nm推奨と記載されています。男性が滑り止め付の手袋を使用して強めに締める位です。
 

IMG_20170201_150223_resized_20170205_101530783 

本体の取り付け↓
・施工書のとおりなのですが、取り付けタブのツメが硬くて最後までいかない場合、ウォーターポンププライヤーで挟むと最後までいきます。

 

配管への接続↓
・各ご家庭それぞれ異なりますので、設置参考事例をご確認ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2-top550-4

直接のEMAILはこちら:info@good-disposer.com

関連記事

ページ上部へ戻る