記事の詳細

オーバーフローとは、水のあふれを防ぐ穴の仕組みです。最近のキッチンでは廃止されています。ディスポーザーとの相性が悪い理由はこちらに掲載したとおりですが、実際にオーバーフローを閉じてしまう作業について説明します。とにかく穴がふさがれば良いのでさまざまな方法がありますが作業の一例をご紹介します。

オーバーフローの外し方
一般的なタイプは、シンク側からプラスドライバーでネジを外して簡単に外すことができます。↓ネジをなくさないよう注意してください。
 

丸型のオーバーフローの場合↓
シンク側からこの丸型を回すと外れます。でもつかみにくい上に裏のゴムパッキンが固着している場合が多く、なかなか外れません。当店で作業する場合は潤滑油を注入した後、丸型を滑らないように押さえつけてシンク裏側のジャバラがつながっている部品側を回して外します。

 

数年使用されたオーバーフローのホース。かなり硬化し汚泥が付着しています。↓臭いの原因です。

 

次は、外した後の穴を埋める作業です。
当店の作業ではゴム板(厚さ1mm)を使用しています。必要に応じて塩ビ板(厚さ1mm)も使って補強しています。ステンレス板を使用すると外見上はキレイにできるのですが防水性を考えるとやはりゴムです。
 

↓下の作業では、ゴム板と塩ビ板を貼り合わせてフタにしました。
 

↓キリやドライバを使ってネジ穴を開けて元に戻せば完成です。穴の黒い部分が気になるようでしたら、ゴム板を使用せずに塩ビ板のみで処理し、アルミ色のコーキング材で塞ぐ方法もあります。
 

簡単に作業したい、外見を気にしないようでしたら。
最も簡単なの穴の部分の上から防水アルミテープを貼ってしまう方法です。これだと穴の上から貼るだけ。


ディスポーザーを使っていないけれども、オーバーフローを閉じたい場合

排水栓にオーバーフローのジャバラホースを接続する穴があります。これを専用のキャップとパッキン(下画像)で閉じます。
ふさぎブタ+U三角パッキン 1.1/4 セット

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2-top550-4

直接のEMAILはこちら:info@good-disposer.com

関連記事

ページ上部へ戻る