記事の詳細


DIYでの設置はできます。失敗報告がない理由は・・・

ディスポーザーの設置は簡単なDIYをする方なら施工書をみてできます。でもその難易度はシンク下の配管状況によって大きく変わります。それでも、当店からご注文いただいたお客様で過去失敗の報告が一度もありません。

その理由は3つ!
———————————————————
その1.事前にシンク下の画像の送っていただいてます。
シンク下の配管状況がわかる画像を複数枚送っていただきます。作業的に困難と思われる場合はその箇所を説明し、その作業ができるかどうか?を確認しています。

画像はメール<info@good-disposer.com>かお問い合わせフォームをご使用ください。

その2.必要な配管部材を選び、無料で同梱!
メールで送っていただいてシンク下の画像から、あらかじめ必要となる塩ビ管の部材を選び、同梱しています。必要に応じて当店で工作したオリジナル部品まで同梱し、あとはこちらの指示通りに組んでいただくようご案内しています。これで失敗のリスクを大幅に減らしています。

その3.メールと電話での徹底設置サポート
ディスポーザーがお手元に届いた後、旧機種の取り外しから設置に関してメールやお電話でサポートしています。WEBに実際の事例画像をたくさん掲載して、そちらも併せてご案内しています。

どうしてもダメなら!

作業員が出張します。(有料・関東のみ) もしくは30日内の返品受付で対応しています。
———————————————————

サポートページも充実しています。続々追加中

スキューズF13のスキューズDIY施工補足マニュアル
ISE AC105B施工補足マニュアル
TOTOディスポーザーの取り外し
ZEST(ゼスト)ディスポーザーの取り外し

 

DIYでの設置が困難なキッチン

・排水口が標準サイズではない。
→ディスポーザーは標準排水口にしか設置ができません。※特殊加工が必要となります。
・シンク下収納が引き戸で、尚且つ今現在ディスポーザーが設置されていない。
→引き戸収納の場合、加工がされていないもの(下画像・左)は本体が接触します。設置ができません。
s-YYs-IMG_7109 s-スライド収納加工

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2-top550-4

直接のEMAILはこちら:info@good-disposer.com

関連記事

ページ上部へ戻る